ブログ

S.Yoshida

棟板ができるまで

こんにちは!
リフォーム部 吉田です(^^)/

今回は私が担当します「棟板(棟札)」が
できるまでの様子をご紹介したいと思います。


【棟板(棟札)とは】
新築を建てる際、さまざまな神事等を行いますが、
その中でも上棟式で使用する木の札のことです。

今後の工事の安全を祈願する上棟式を終えたら、
屋根の一番高い位置にある棟木に打ち付けます。

お施主様のお名前や会社名、工事に携わった人の
名前、年月日などを記します。

家の建築記録であるとともに、
お守りのような存在でしょうか。

 


書く前にまず年輪を見て表裏を確認します。

 

木に直接書くので、専用の木書液を使用します。

墨汁よりも粘り気のある液で、
滲みにくく、濃く書くことができます。


失敗は許されませんので、事前に
しっかりと下書きをします。

 

最初の一筆は、毎回緊張します…。

 


表と裏、両面仕上げます。


 

私にとっては
何十枚と書いてきた内の1枚であっても、
お施主様にとってはずっと残る大事な1枚。

古民家の解体後には、
大正初期の物も出てきました。


棟板には神様のお名前や、その家と家族が
末永く健やかであるよう願いが込められています。

その意味を考え、毎回気を引き締めて書いています!

お問い合わせ モデルハウス イベント


リフォーム
について