『ウッドショック』について

お知らせ

『ウッドショック』について

世界中で木材の争奪戦で品薄・価格高騰

 

今住宅業界で大騒ぎになっているのが、住宅用の構造木材の供給不安です。
その様相は オイルショックならぬ「ウッドショック」と言われるようになりました。
特に梁などに使う北米産の米松が品薄で、それに伴い大幅な値上げが発生し、代替品の国産材へと飛び火して業界が騒然としています。

 

原因はコロナと、日本の地位の低下

コロナでの物流コストの上昇
コロナによって都市がロックダウンされて、港の労働者が少なくなり貨物が動かなくなったので、船会社も運行する船を減便しました。
しかし、中国はいち早くコロナから脱却し輸出を再開。
北米に大量のコンテナが到着したが、北米に滞留して中国に戻ってこない。
そこで貨物船の運航を見合わせる…という悪循環で海上物流が大混乱になり、運送費が大幅に値上がりしました。

世界的な木材の奪い合い
低金利と高い株価を背景にアメリカでは金余り状態になり、そこにコロナ禍から郊外へとの移住のための住宅ブームが巻き起きて、材木の需要が大幅に高まっています。
北米市場では、木材価格が過去最高値を大きく更新している。
北米に負けじと高値で輸入を拡大している中国市場に、世界の木材が吸い寄せられ、世界の主要な産地の先物産地価格は記録的な高値となっています。
つまり、アフターコロナで一歩先を行く2大国の巨大需要に、貧乏になったのに品質にやたらうるさい日本は、国際市場で競り負け従来価格では材木が回ってこなくなってしまいました。

岩切建設の対応

① 現状ではここ半年は木材は間違いなく供給はできると、取引先の確認は取れております。今後とも木材供給者との先を見越した連絡の疎通に努めていきます。

② 一部集成材を利用した構造で設計を行っていましたが、国産材等の利用に切り替えた構造で設計を行っていきます。

③ 地域資源の循環利用と、ウッドマイル削減の観点からも、今後はさらなる国産材利用率の向上に努めたいと考えます。

④ 今後の市場の動向などで、お客様にはご迷惑をお掛けする場合があります。その都度ご説明させていただきますので、ご理解くださいますようよろしくお願い致します。 

 

お問い合わせ モデルハウス イベント 採用


リフォーム
について